2月14日に UFT+UZEL の14クールが終了。変わらずゆるやかに進行している状況をふまえて主治医とも相談した結果、UFT+UZEL による治療は一旦これで中止し、より強い抗がん剤治療 XELOX(ゼロックス)に切り替えることにしました。

XELOX は、点滴(エルプラット)と錠剤(ゼロックス)の組み合わせで2週間投薬し、1週間休薬するパターンの抗がん剤。初回のエルプラットの点滴には入院が必要とのことで、2月26〜28日の3日間は病院で過ごすことになりまして。そんな感じで最終日の朝を優雅に過ごしております。

 

 

検査の経緯や、入院中に体感したXELOXの副作用(さっそく点滴後にいくつか出てきました)、医療費などのレポートについては退院後に。

気温のアップダウンが半端ないのでみなさんもご自愛ください。
ボクはおかげさまで今日も元気に過ごしています。