すっかり無精してしまいました。
うかうかしてると元号まで変わってしまうやん、ということで半年ぶりに更新を。

ジワジワと、ヘタすると本人も気づかないくらいのゆるやかな傾斜角で悪化していく体調を、さて正直に書くべきか、いやでもそれじゃヘタレのボヤキみたいになってしまうし、と逡巡(グダグダ)しているうちにすっかり遠のいてしまっていました。

しかし、少しでもこれからガンになるヒトたちの参考になれば、という思いで書きはじめたこのブログ。格好つけていいことばっかり並べていても意味がないなと、2019年の年頭にあらためて気持ちを切り替えた次第。これからは少しづつ経過について書いていこうとおもいます。

ガン宣告から今日で519日目。抗がん剤も13クールが終了して今日からまた1週間の休薬期間です。

悪化しているとはいいながらも、なんとか昨日1月9日にボーナスステージも1周年。当の本人もうっかり忘れそうなことを覚えていて、祝ってくれる友人がいることにココロから感謝しつつ、嬉しすぎて牡蠣をナマで三つも食らってしまいました。店主が「焼くか蒸すかしましょうか」と気を利かしてくれたのに。消化器を病んでなおかつ抵抗力が落ちているヘナチョコなこのカラダにはあまりよろしくないのです。

明けて今日は、そんな店主からみやげでもらった1個でふつうの10個パックが3つは買えるというウワサの高級鶏卵をTKGで。
きっと、こんな状況でも食欲が落ちない食い意地の張りっぷりも生きのびている要因のひとつなんやろうなぁ。

この半年の病状についてはまた追々と。
ひとまず、まだ元気に生きてます。