Month: 9月 2017

52日目|試してみた代替療法

なんだかんだ、ここまで2ヶ月近くのあいだ抗がん剤治療をスタートできていなかったわけですが、その間に仲間の協力でこんなことをしていました、というのをまとめてみました。いわゆる代替療法、民間療法と言われているものから神頼み的なものまでさまざまです。
Continue reading

50日目|じわじわ減る体重

ここ最近63.5〜64.5kgで推移していた体重が、最近ちょいちょい62kg台に。ステージⅣを宣告されて以来、なんとなく方針もあやふやなまま気をつけている風な食事が裏目に出てるパターンですかね。
Continue reading

ストレスをなくすためだったらワガママにだってなっていい。

統合療法を推進するドクターがこう言ってました。
いかにストレスが免疫抵抗力を下げるかってことですね。

47日目|代替療法(サードオピニオン)

セカンドオピニオンでも、やっぱり手術、放射線治療はあきらめて抗がん剤治療をという治療方針は変わらなかったので、周りのすすめもあって代替療法のクリニックを受診してみることにしました。
Continue reading

発症するまでに少なくとも2年以上はかかっている。今日明日ですぐにどうこうなるわけじゃないから焦らなくていい。

これはセカンドオピニオンを聞きに行った病院のドクターの言葉です。もちろん、「治療のスタートが遅れるのはあなたにとってリスクではあるけれど…」 という前置きがあった上での言葉ですが、「早く治療をはじめなければ」というジリジリした焦りから開放してくれました。

42日目|セカンドオピニオン

治療方法をどうするか決める前に、セカンドオピニオンを受診することにしました。
幸い主治医が理解あるドクターだったので依頼もスムーズに進みましたが、受診するにあたって必要な段取りとルールがあることを初めて知りました。
Continue reading

32日目|カミングアウトの難しさ

現実逃避の旅行からもどり、気持ちもようやく落ち着いてさぁどう治療して行こうかという段階になって予想外に面倒だったのは、周囲へのカミングアウトの難しさでした。
Continue reading

治療法は自分で決める。

セカンドオピニオン、サードオピニオン、知人たちからのアドバイス、専門書。情報が増えてくると矛盾する意見もたくさん出てきます。そんな中、「これが自分に合う」と信じて意思決定することはメンタル面でもとても大事なことだと思います。

直感を信じる。

がん関連の書籍でよく目にする言葉です。
てっきり「素人判断はよくない」「専門家の意見には素直に従え」と言われるもんだと思っていたので、最初はとても意外に感じました。

自分の身体の変化は本当は自分がいちばん感じているはず。生き続けるという意志を持ってさまざまなことを選択していく上で、大事にすべきことだと思います。

25日目|ストレスからの逃避

ステージⅣの宣告を受けた翌日から、ふらっと何をするあてもなく、馴染みのある土地を訪ねて2白3日ほどの旅に出ました。
Continue reading