第3クールの投薬治療中に無事年越し。無事に新年を迎え…という定型文もなんだか今年は妙にグイグイくるなぁ。しみじみ。

腫瘍マーカー値は下がり、ガンそのものの自覚症状はほとんどなくなった。治療は好調で概ね体調も安定していると言っていいんだろうけど、抗がん剤の副作用については服用を重ねるごとにヘビーになってくる。特に12月の後半は気温が下がったせいもあるのかややパワーダウンしてしまったので、無茶せずおとなしく自宅にこもっていました。

第4クールの投薬を続けるか、はたまた治療を中断して休憩するか。そろそろそんなことを主治医と相談する時期が近づいてきているけど、きっとまた「どうしますか?」って聞かれるんやろなぁ。最終決断はいつも患者に委ねられるのが常。医学的な判断なんてもちろんできないから、今回も自分の感じているカラダの変化と直感を信じて決断するのみ。その時が来たら考えることにします。

 
血圧
 

初詣

新年の江戸はいい天気だったので、近所に初詣に行ってきました。
まずは自宅に集結してくれている著名な寺社の神様仏様に手を合わせ、初詣はしきたりどおり近所の氏神さまへ。現在の住まいの氏神様は「白金氷川神社」。しきたりなんて意識したのは今年がはじめてなんですけどね。昨年、みなさんから送ってもらった御札やお守りをどうするか問題についていろいろ調べるうちにちょっと詳しくなってしまいました。

 
自作の神棚

白金氷川神社

 
お正月の休暇中に生活改善の結果についてまとめてみようかなと、そんなことを考えつつ、おかげさまでどうにかのんびり過ごしています。
みなさんにとって良い年になりますよう。