不思議なもので、がんかどうかハッキリせずに悶々と自覚症状と闘っていた昨日までよりも、ハッキリ宣告された今日のほうが気持ちが落ち着いている。

ん、いや、落ち着いているというか、放心しているといったほうが近いか。病院からの帰り道、夏の灼けるような日差しの下、コンビニで買ったパルムの甘さに癒やされつつ、すごくおおきなため息を吐きながらトボトボ帰宅。

とりあえず、自覚症状のある直腸の患部についてはがんが確定したけれど、手術の予備検査とあわせて他の臓器の精密検査の予定がびっしりと。検査そのものがちょっと憂鬱。CT、MRIはいいとしてもカメラはね、慣れないもんね。

それよりも何よりも今日いちばんびっくりしたのは、ガン告知よりも7本も血を抜かれたこと。
手術の準備とはいえ毎日下血してる人間から7本も抜くか。
肉食べなきゃ。

2017年8月9日。
闘病0日目。